京都府女性薬剤師会の公式ブログです。
by yes-we-can-2009
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雪の比叡 2012.2.19
c0202290_0325037.jpg
c0202290_055022.jpgc0202290_0581313.jpgc0202290_0592595.jpg
c0202290_142464.jpgc0202290_175589.jpgc0202290_192133.jpg
[PR]

by yes-we-can-2009 | 2012-02-21 01:11 | 趣味
六甲山氷瀑を行く 2012.2.12
c0202290_1281172.jpgc0202290_12103150.jpg
c0202290_1212136.jpgc0202290_1213613.jpg
[PR]

by yes-we-can-2009 | 2012-02-18 12:14 | 趣味
23年度スクーリング講習会in京都府女性薬剤師会おわりました
c0202290_10485248.jpgc0202290_10503075.jpg
 折からの寒波襲来にもインフルエンザ流行にもめげず大阪はもとより厳しい遠方の滋賀、丹後、兵庫,吉野等からのご参加に敬意を表します。グラクソスミスクライン、第一三共、日本ベーリンガーインゲルハイム、塩野義さまの共催によって4駒の講座を開かせていただきました。古くて新しい話題のアトピー性皮膚炎と認知症診療については医師による特別講演を、学術講演2題は「うつ」の脳内モノアミン(セロトニン、ノルアドレナリン)再取込阻害剤サインバルタについて塩野義から、心原性脳梗塞に注目の直接トロンビン阻害剤プラザキサの注意点について、日本ベーリンガーインゲルハイムからご講演いただきました。
 中でも「認知症診療における薬物療法の留意点」の北山病院・澤田親男先生(写真)はもう一度聞きたい講義No1で、人間の末路の業の深さを知らされた感がありますが、周辺症状の見極めが大事な初期こそ、薬剤師との連携がもっと出来たら望む所だとおっしゃって、うつか認知か、薬が必要か否か、何を使うか(ドネベジル、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチン)で、直る認知症がまだまだあるそうで光明をみいだしましたし、救われました。
 会員の皆様には既に配布いたしております24年度診療ガイドライン薬剤コースの通信講座申込みが始まっております。引き続きご受講をお勧めいたします。もうすぐHPの方にダウンロード可能な頁を24年度版に書き替えますのでそちらもご利用ください。
[PR]

by yes-we-can-2009 | 2012-02-18 12:00 | HP補足