漢方講座「漢方相談のポイント」~風邪薬と女性薬~おわりました
c0202290_23575360.jpgc0202290_23592144.jpg
 今回は何が聞きたいのかとのご提言に、厚かましくも外ではとても聞けない、先生の漢方入門のきっかけ、抱負や展望等の質問状を提示させていただきました所、思索や薀蓄の数々を惜しげもなく折込みながらご講演いただきました。何時になく近しい感じが聴講者の胸を打ち、分りやすくて共感を呼ぶ講座でした。
 陰陽虚実、気血水、陰陽五行説、五臓六腑に基づく東洋医学的考え方はエキス剤を主流とする現今は、サラリでも良し。古方派、後世方派、折衷派、中医学派など詳しくなると一朝一夕にはいかない。
*気に入った指導者をみつけて早く付く事。ドンドン鬼籍に入られる。
*研修会にビジターで行ってみる。
*家族で試す。
*繁用10処方をマスターすれば8割はクリアー。
さらに
⁂ 薬局では病をひっくり返す程の薬は使うべきでない。ソフトで体調がよくなる処方を考える。
⁂薬剤師はむしろ服み合わせや生薬の重複に気をつけるべき。
⁂女性は排泄機能が十分にあるので長生きできる。
などなど聞いて納得する事しきり。私は帰って早速、舌の裏の二本線の具合を確かめました。それくらい効き目あり、めいめいが自分流に得たものを実践していること間違いなしです。
 
[PR]

by yes-we-can-2009 | 2013-10-16 00:02 | HP補足
<< 平成25年度近畿・中国ブロック... 太閤苑 >>