総会研修会が終わりました。2010,5,23
c0202290_2156685.jpg

 ジェネリックについての講演要旨はHPに掲載しましたが、森元恵子先生からのメールご披露して補足させていただきます。

 帰りがけに何名かの先生に「分かりやすかったです」「これですっとしました。今まで不安なまま、ジェネリックを勧めていましたから」という感想を頂きまして、お役に立ててよかったと嬉しかったです。
 ジェネリック医薬品に関しては、ご質問のように純度を問題視される方が未だいらっしゃいますが、原薬は製造方法が違えば、多少純度は違います。だから原薬ガイドラインが設定され、これは世界共通(グローバルスタンダード)です。規格内であれば心配されるような健康被害はありません。新薬もその基準で純度は決められています。規格内で高い低いを問題にすることは意味がありません。そのことを一番理解していないといけないのが、薬剤師だと思います。今大切なのは、患者さんにとって「薬剤師さんってたのもしいわ」と思われることですよね。でも今の薬剤師は難しいことばかり言う近寄りにくい存在ではないでしょうか?だから看護師や管理栄養士に職能を奪われないように、もっと患者さんのお力になるべきです。そのためにジェネリックへの切り替えは薬剤師にとってもいいチャンスだと思っています。当社製品に限らずジェネリックについてのご質問があれば、いつでもご連絡ください。
日医工(株)広島支店学術部学術グループ 森元恵子 TEL:082-502-7521 FAX:082-502-7537 E-Mail:keiko.morimoto@nitiiko.co.jp
 
[PR]

by yes-we-can-2009 | 2010-06-03 22:51 | HP補足
<< 白樺平から西穂高独標へ 201... 軽井沢逍遥 2010.5.15 >>