京都府女性薬剤師会の公式ブログです。
by yes-we-can-2009
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日本女性薬剤師会 東海ブロック研修会に出席しました。2010.1.17
愛知県女性薬剤師会での交流会と学術講演会に参加させて頂き、我が方には大変な刺激とお手本を貰いました。追々と反映させていきたいものと意を新たに致しました。

c0202290_18395414.jpg今風のスタイルの若い会員の総合司会も気が利いていて、サラリと新鮮で好感が持てました。400人を超える聴講者を仕切る全スタッフの鮮やかな捌きにも感心しました。どんどん取り入れて見習いたいところです。
地域に活きる薬剤師と題する身近な講演では、分業〃〃で大切なものを忘れてきてはいませんか?という患者に寄り添う心の薄らぎへの警鐘でした。「且っての客と店との深くて永い繋がりが、町から消えていくのは大きな不幸である。」と山田洋次監督は映画“おとうと”の試写会で言われたとか、敢て披露されました。

c0202290_2073084.jpgc0202290_2085267.jpg愛知県女性薬剤師会では診療ガイドラインに拘らず、つとめて高度な学術講座を計画研鑽されているとか、今回はCKDシリーズで5回目でした。透析に至る症例別処方解析が病院薬剤部長から。血清クレアチニンでは読めないGFRの推算式および換算表の重要性をシリーズで担当されている名古屋大学医学部のCKD地域連携システム講座の先生から。鉄欠乏でない腎性貧血に有用なエポジン製剤の解説が中外製薬からありました。
社会は今や高齢化したから六人に一人は腎臓が悪い。腎機能に応じた投薬量の調節が要るわけである。これらは、私達も2月21日スクーリングでやりますよ。どこまで迫れるか。
[PR]

by yes-we-can-2009 | 2010-01-18 19:45 | HP補足
<< 2月21日(日)スクーリング... お待たせしました。スクーリンク... >>